介護福祉士は訴える、これでいいのか日本の介護!

介護福祉ブログコミュニティ

日本介護福祉士会、介護人材確保対策への決起集会を開催

日本介護福祉士会は9月29日、東京都港区で介護人材確保対策における決起集会「介護福祉士は訴えるこれでいいのか日本の介護!」を開催する。
この集会で介護福祉士はじめ介護現場で働く人、事業者、利用者、医療・福祉関係者ほか一般の国民が一堂に会し、介護保険制度や人材確保の在り方について議論し、その声を国会や官庁に届けたいとしている。主催は日本介護福祉士会。後援に東京都、日本医師会、全国老人保健施設協会、全国社会福祉士会、日本介護支援専門員協会その他を予定。
プログラムには全国の介護福祉士代表らによる「介護現場からの声」や、自由民主党、公明党、民主党、日本共産党、社会民主党などによる「政党からのメッセージ」のほか、シンポジウム「介護福祉士は訴えるこれでいいのか日本の介護! ~介護現場から介護保険は崩壊する~」を開催する。
日時は9月29日(月)13:30~17:00、会場は東京都港区のメルパルクホール。参加対象は介護福祉士、その他一般・学生。定員1,500名、参加無料。申し込みや問い合わせは各都道府県の介護福祉士会事務局、または日本介護福祉士会で受け付ける。

介護現場の声というのは、いつも国に届かない。
厚生労働省が行う調査やプロジェクトチームや審議会、
いずれもそこに集まるのは介護の現場とは接点が薄く、現場の声が届きにくい環境の人たち(医師・役人など)。
現場の声を届けるには、職能団体がそれを集約することが重要です。
今回の介護福祉士会だけでなく、各団体がその現状を伝えていくことで、
社会を動かすことにはいたらなくても、インパクトを残すこともでき、世論を動かすこともできます。
集会の概要や参加申し込みは日本介護福祉士会のホームページからお願いします。
9月29日開催なだけに、現場からの苦肉(929)の策とも言えなくもないですが。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です