要介護認定の調査項目が88項目へ。

介護福祉ブログコミュニティ

要介護認定調査項目、新たに6項目追加 -厚労省会議

厚労省は11月9日、第3回要介護認定調査検討会を開催した。
前回から約11か月ぶりの開催となったが、今回は調査項目の選定が行われた。
※以下は配布資料より抜粋、要約。
■調査項目の整理
検討会で選定された110の新たな項目を絞りこんで6項目にし、既存の要介護認定調査項目の82項目と
あわせた88項目を決定した。
この88項目を用いて、第一次のモデル事業を行うことになっている。

認定調査に関しては、介護保険制度スタート以降、さまざまな矛盾や批判も相次ぎ、
現在の82項目の調査が行われています。
が、いまだに認知症に対する設問が不足していることなど、
実際の家庭生活の実情を把握できていないという声も多く、
調査項目は6つ増えて、88項目となりそうです。
追加される6項目を見ていきましょう。

●話がまとまらず、会話にならない
●調理(献立をつくる・簡単な調理)
●買い物
●自分勝手に行動する
●意味もなく独り言や独り笑いをする
●集団への参加ができない

自分勝手に行動するとか、集団への参加ができないというのは、
自分にも当てはまるような。
客観的な判断が難しく、ここまで来ると、ますます調査員の質が問われるようになりそうですね。