都内介護大手3社の不正請求、総額4億円の返還へ。現場のスタッフは何を思う。

介護大手3社、不正請求額4億円 都が返還指導

 訪問介護大手のコムスン(東京都港区)、ニチイ学館(千代田区)、ジャパンケアサービス(豊島区)の3社が、都内の事業所での介護サービス事業をめぐって介護報酬を不正請求していた問題で、請求額が計約4億2600万円にのぼることが29日、分かった。東京都は、不正請求分について介護報酬を支払った市区町村に返還するよう指導した。
 都によると、不正請求額はコムスンが延べ167事業所で約2億200万円、ニチイが同90事業所で約8500万円、ジャパンが同80事業所で約1億3800万円。
 都は昨年11月から今年1月にかけて、介護保険法に基づいて3社への立ち入り検査を実施。介護時間の水増しや、本来介護保険の対象にならないサービスで介護報酬を請求するといった手口による不正請求が判明した。
 都はこれまでニチイの約4100万円分などについては公表していたが、今回、業者側が自主的に不正請求を点検して追加報告してきた分も含めてまとめた。3社は不正請求分全額を自主返還する意向を示しているという。
 コムスンの親会社「グッドウィル・グループ」広報IR部は「信頼される企業となるよう、社内監査を充実させるなど管理体制を強化する」とコメントを出した。ニチイ学館広報室は「悪意をもってやったわけではないが、都の指導を真摯(しんし)に受け止めたい。自主点検を徹底する」、ジャパンケアサービス管理本部は「介護記録の記載ミスなどで請求してしまった。内部監査室を増員し、監査機能を強化する」としている。

都内、しかも3社だけで4億円の不正請求。
介護事業も大きなビジネスになったものだと・・・。
しかし、それだけの額を返還するとなると、企業の基礎体力がなければ致命的なダメージになりかねません。
現場としては、やるせないとしか言いようがないでしょう。
自分が汗水流して提供したサービスのすべてが不正とみなされて、ゼロになってしまうのですから。
間違えてはいけないのは、不正なサービスをしていたわけではないということです。
多くは職員の配置基準などの水増しなどで、
それは現場のスタッフに非があるものではないのです。
もうひとつ付け加えるとすれば、
たいしたチェックもせずに、事業所の認可をぽいぽい与えておいて、
いまさらになって、不正だから返還しろというのも、
どうも都がわざとタダで介護労働を買い取ってしまったような印象を受けるのですが。。。