福岡の特養でも虐待事件。特養の格差。

介護福祉ブログコミュニティ

虐待跡?複数職員が確認…福岡の特養ホーム

 福岡県の特別養護老人ホーム****で、男性職員(38)が男性入所者(90)を虐待した疑いが浮上した問題で、この入所者の体に暴行を受けたとみられるアザが数度にわたり見つかっていたことが2日、わかった。
 複数の施設関係者によると、昨年10月ごろから3、4回、入所者の頭や耳、胸などに直径5センチほどの青いアザがあるのを複数の職員が確認していた。一部の職員は、施設を運営する社会福祉法人****が2日までに6回、開いてきた懲罰委員会の中でも「(男性の)体にアザがあるのを見た」と証言した。
 アザを不審に思って勤務表を調べた職員もおり、アザが確認された日は、虐待の疑いが持たれている男性職員が当直を務めた翌日か、翌々日がほとんどだったという。
 この問題は、内部告発の文書と虐待の様子を収めたとみられるテープが、同会の理事らに届いたことから表面化。テープには、職員とみられる男性が「黙れ」「黙らんと殺すばい」とどなる声や、体をたたくような音、入所者とみられる男性が「あいたー(痛い)」と繰り返し叫ぶ声などが十数分間録音されていた。
 男性職員は同会の聞き取りに対し、テープの声を「自分のようだ」と認める一方、「『黙れ』とは言ったが、暴力は振るっていない」と話しているという。

先ほど、さくら苑での虐待事件に関してお伝えしたばかりですが、
また悲しくなるニュースですね。
今回の事件は、利用者に対する身体的な暴行を目撃した職員が内部告発したというものです。
この虐待に関しては、数度にわたって行なわれていることから、
緊急を要する自己防衛のための暴力の行使でもないわけです。
明らかに、その職員の心には深い闇があるということと考えられます。
どうしてそういった職員が多いのか。
確かに介護の現場は人材不足であるといっても、職員の人格がケアの基礎になるはずです。
いったい、採用時には、何を見ているか。何も見ていないのか・・・。

介護福祉ブログコミュニティ

13 件のコメント

  • ***の特老ホーム***では、昼夜を問わず、室内喚起と称して、ベランダ側の窓が開けられる。山風に老人を殺させている恐ろしい実態。平成の姥捨て山。それが、***。
     標高600M。人家もない寂しいところに***はある。
    夜の山風は、夏でも冷たい。***では、誰が、何時に窓を開け、誰が何時に閉めたのか、全く記録をとらない。室温が気になるのはスタッフが動く範囲。
    居室の廊下側の扉は締めてあるので、居室内だけが寒い。スタッフが寒くなければ、それでよいとされるのが、***。
     窓側の入居者の多くは、数日で肺炎症状が出る。しかし、入居者の部屋替えの数日前に、夜の喚起は集中的に行われるので、入居者の家族に知られることはない。部屋替えは頻繁に行われるのは、家族に怪しまれないため。
     山風に老人の命を縮めさせている今の恐ろしい状況を、多くの人に知ってもらいたい。

  • 札幌の特養で起きた虐待事件も、今裁判中ですがどこの行政も
    特養に対しての指導が弱腰です。
    虐待は、児童虐待は、刑事事件になるが、施設での虐待は、事件に
    ならないのは、なぜなんだろう?

  • 福岡・***にある特老「***」は、理事長が医者。
    ならば、虐待は隠すし、被害者はまもなく死ぬでしょう。
    「死人に口なし」ですから。

  • 福島ファミーユ、転倒隠し、無資格者の酸素吸入、病院での治療隠し、その病院の医療過誤、そして、死亡。死斑が出るほど時間が経っているにもかかわらず、保原救命士の嘘、事実隠し。
    知らぬは、家族のみ。担当介護、福祉士よ、真実を告発せよ

  • 今回以前働いていたグループホームで関係者から聞くことがあります。もともと、精神的にすぐ怒るお年寄りが入所され、私がいた頃は、なんとか話をききケアの方でがんばって落ち着いてきておりました。一人のケアマネをもった方が職員として入ってきました。それからまたケアの変貌がありました。そのお年寄りに眠剤を投与しそれを医者から無理やりもらい、飲ます。状態でした。その挙句現在はそのお年よりが怒り出すと眠剤を投与何度もし、挙句にそのお年寄りをはがいじめにし、ケアワーカーが押さえつけるといった状態です。本当に私もそのお年寄りを知っているだけに悲しく情けなく怒りでいっぱいです。その状態をそのケアマネをしている管理者なのですが、組織は暗黙の状態でのさばらしているのです。告発をしたいと思うのですが、どのようにしたらよいのかわかりません。誰かよい方法があるならお教えください。現在は私はそのホームで働いてはいないのです。

  • 私は虐待を内部告発しようと思いましたが、利用者の家族が利用者を人質に取られているようなものだからやめてほしいというのと、私自身、家族を守れるか不安だったので人権救済申し立てを取り下げるように行政機関に相談したのですが、行政はなぜか勝手に動き出し調査しはじめていました。
    訴える人がいなければ動くはずのない行政がなぜ?という疑問があります。考えられるのは、行政が暴走したか、もしくは、他に告発者がいたか?という疑問です。いったいどこへ行くのか・・・
    これでは私は家族を守るどころか利用者を守ることすらできないです。
    すでに退職を申し出ていますが、どうしていいのか・・・

  •  
    ***は、数人の介護者によって支配されていると聞きました。
    たった数人の為に他の介護者たちが同じ目で見られるのは、可愛そうです。もちろん一番可愛そうなのは入所者ですが・・・
     数人の介護者によって***の名前がますますさがらない事を祈るばかりです。

  • はじめて投稿いたします。解雇されて裁判で解雇撤回を勝ち取りましたが本当の闘いはこれからです。病院併設特養です(三井陽光苑 江東区、東京都)私は管理者とし、まず、多くの問題を内部告発しないで施設の改善をしてきたと考えて行動しました。しかし、虐待隠ぺいなどしてきた一部の介護職員の直訴が行われ、私は組織撹乱者、施設管理不適切で最終的に業務命令違反で懲戒解雇され、裁判で第1審勝訴、高裁で一括和解をしない「解雇撤回」のみでしました。虐待の内部告発をこれからします。虐待隠ぺいした介護職員が直訴をし、鵜呑みにした管理者と病院です。介護事故として虐待も処理されていく危険がありからです。虐待の真相が判明したときには隔離部屋に異動され、情報閉鎖、降格の連発です。異常な懲戒解雇は目にあまるものがありました。施設の中に事実をいってはいけない空気は誰がつくっているのか?介護職、相談員に、管理者にあります。まともなことをいえば、解雇されることが続いた施設には自浄作用はありません。第3者や外部者をいれることをしないという姿勢に現われています。内部告発は法はありますが解雇され、つぶされていくだけです。しくみがあまりに当事者には相当な心身異常になるくらいのことをしなければ施設へ改善命令や指導ができない実態は社会問題ではないでしょうか?私の場合も東京都指導監査のおかしな関わりがありました。多くの人はどこでもそうだと・・・・こんなことがまかりとおっていいのか?多いからなんだというでしょう。だからこそ、取り組みをしていく必要があるのではないですか?麻痺した間隔が流布しすぎています。詳細はブログをごらんください。

  • 以前、要介護の親が「老人保健施設」に入所していた時、正当な理由無く(排泄の失敗があったからという理由)身体拘束され、ポータブルトイレを置いて貰えず無理やり「おむつ」をさせられました。おむつの交換は、朝・昼・夕方・夜で体調不良で下痢をした時、本人が「おむつ交換」をお願いしたら、職員から怪訝な態度をされ(交換はして貰えず、施設のおむつ交換時間まで放置されました)それ以来、面会の度に足にアザが出来ていて、薬を塗る等の処置も無いので職員に「どうしたんでしょう?」と聞きましたら「自分で打った」と言うのです。親は、「職員が車椅子の足置きを毎回足にぶつけて来た」と反論していました。その後、音声証拠を取り職員の行為を施設に申し出て退所しましたが、怖いです。証拠の取れない密室に肉体的弱者が居るという状況は、何が起きても発覚する可能性が少ないという事です。介護職の待遇改善・教育・人間的資質等、問題の多い場所だと思います。私は、親の介護を通じて接してきた多くの福祉関係者の言動に不信感を持っています。「虐待」は、犯罪です。抑止力にもなる監視カメラの設置義務を施設に課して欲しいです。

  • 岐阜県羽島市の老人ホーム四季で働いてる人からの口コミ
    そこの働いて1人の女性が老人を殴ったりつねったり蹴ったりしてます
    話さないからバレないと言ってたみたいです
    しかもホーム長はその人の言う事をよく聞くみたいです
    各部屋には防犯カメラは付いてません
    証拠はありません
    内緒でつけた方がいいと思うのですがでも
    絶対やったないと言うと思います
    老人虐待なので大型にしようと思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です