性的暴言と虐待。

介護福祉ブログコミュニティ

老人ホーム職員が女性入居者に性的暴言 5人処分

 東京都東大和市の特別養護老人ホーム「さくら苑」(玉川桜子苑長)で1月、男性職員が女性入居者(90)に対し性的な暴言を吐いていたことが、6日までに分かった。
 同苑によると、1月21日、2人の男性職員が女性の排せつを介助した際、男性職員(30)が性的な行為をしてほしいとの発言をしたという。日ごろから施設の介護に疑問を持っていた女性の家族が室内にテープレコーダーを置き、発覚した。職員はホームヘルパー2級の資格を持ち勤続4年目。女性は認知症の症状があり、寝たきりで言葉も不自由だった。
 東大和市の指摘を受け、施設を運営する社会福祉法人多摩大和園は4日、事実を確認し女性の家族に謝罪。5日に緊急理事会を開き、職員を自宅謹慎7日間、一緒に介助していた職員を同5日間、常務理事と苑長を減給10%(1カ月)、主任ヘルパーを減給5%(1カ月)などとする処分を決定。第三者を含む調査委員会でさらに詳しく調査することを決めた。
 玉川苑長は「決してあってはならないこと。おわびしようがなく本当に申し訳ないことをした。再発防止に努めていきたい」と話している。

さて、当事者であるふたりの男性職員だけの問題かというと、
テープレコーダーが部屋に置かれていたという時点で、
家族の持っている不信感はおそらく、
施設全体に向けられていたのではないかなという気もします。
ニュース記事を見ると、どれも性的暴言という、あまり聞きなれない表現で記載してありますが、
これは、虐待ですよね。
あえて虐待と書かないのか、それとも、グレーゾーンという認識なのでしょうか。
虐待云々はもちろんのことですが、
家族に信頼されるサービスを提供することが大切ですね。


ちなみに、「さくら苑」という福祉系の施設は日本には山ほどあります。
今回の事件の舞台となった「さくら苑」さんは、こちらです。

介護福祉ブログコミュニティ

5 件のコメント

  • このさくら苑は確か中央法規の介護福祉士の養成講座のレクの教科書にも出ている有名な施設だと思います。間違っていたらすみません。
    そんな全国でも著名な施設でこんなモラルの低い職員がいるって言うのはちょっと残念ですね・・・

  • コメントありがとうございます。
    大きな法人さんですよね。
    ただ、
    全国でも著名な施設=いいケアのできている施設
    とは、正直考えがたいものですが。。。
    本文にも書きましたが、
    これは「ふたりのモラルの低い男性職員」の問題ではなく、
    家族にテープレコーダーを設置されるなど、
    まったく信頼を築けなかった施設側のほうがはるかに大きな問題です。
    これを、
    たかがふたりの職員とその監督責任だけの問題としてしまう風潮は
    はたしてどんなものなのか。
    さくら苑さんのホームページに
    お詫び文がアップされています。
    http://www.tamayamatoen.net/page/houjinowabi.html
    これで十分な説明責任を果たしているのかどうか。
    介護職員は施設の鏡です。
    言動・行動には、責任を持たなければいけないとともに、
    外の目を常に意識しなきゃいけないですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です