医療消費者と介護消費者。

介護福祉ブログコミュニティ

日経メディカルオンラインでこんな記事を読んでいます。
患者はなぜ怒るのか
※日経メディカルの会員登録が必要になります。
医師患者関係は大きく変化し、医療消費者というキーワードが生まれました。
患者による暴力行為・セクハラといった被害も増えています。
そして、2007年には自己主張が強いといわれる「団塊の世代」が大量退職。
従来の医師患者関係のバランスは大きく崩れることでしょう。
それは、医療だけに限らず、介護サービスも同様です。
今までは、介護サービスに「ありがたさ」を感じる利用者さんが多かったのですが、
対価を払って受けるサービスである以上、いずれそれは「当然」以外の何物でもなくなるでしょう。
そして、介護サービスは本格的に「選ばれる」時代になります。
「介護消費者」をマーケットに展開される介護ビジネス。
大きな曲がり角になることは間違いありませんね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です