グループホーム入所女性を強姦容疑で訪問介護員逮捕。

介護福祉ブログコミュニティ

グループホーム入所女性を強姦、容疑で訪問介護員逮捕

 都筑署は1日、強姦(ごうかん)の疑いで、横浜市青葉区梅が丘、訪問介護員河島陽一容疑者(46)を逮捕した。
 逮捕容疑は、3月26日午後8時半から翌27日午前6時ごろまでの間、勤務先の同市都筑区内の知的障害者グループホームで、知的障害のある入所女性(25)を暴行した、としている。
 同署によると、河島容疑者は当直勤務中で、ほかに職員はいなかった。グループホームには男女計9人が入所。それぞれ個室で生活しているという。
 同署によると、河島容疑者は「合意の上だった」などと供述し、容疑を否認しているという。

「合意の上だった」とは言いながら、行為は認めているわけで、
その時点でモラルとして問題ですよね。
46歳にもなって。
知的障害者の地域移行が叫ばれながらも、長年それがなかなか進んでいかないのは、
実際に、こういった人がいるということもあるんでしょうね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です