ライブドア問題に思うこと。

ホリエモンこと、堀江貴文被告が仮釈放されたニュースが
よくもまぁ飽きずに繰り返されています。


保釈金3億円は安すぎるとか言われても、次元の違う話で、
まるで想像がつかない。
ライブドアは上場廃止となったわけですが、
考えてもみれば、ライブドアの持っている個人情報や技術力は健在だし、
まだまだ優秀なコンテンツもたくさん持っているわけです。
ライブドアの技術に関しては、
以前サービスを利用したときに、障害サポートの脆弱さに腹立ったこともありましたが、
ライブドアショックの一件があったときにはサーバ障害も起こることなく、トラフィックをさばいていたわけで、
堀江という道化師が下品に踊っている間に、
着々と力をつけていったのかもしれません。
で、現在、USEN(GYAO)と、ライブドアのキャンペーンで、
2社のコラボレーションについてのアンケートを募集しています。
「ぶっちゃけどうよこのコラボ」
ぶっちゃけすぎだとは思いますが、
ここまであけっぴろげにされてしまうと親近感すら感じます。
ひょっとしたらライブドアが再上場したとき、
ライブドアはものすごい力をつけたオバケ企業として帰ってくるのかもしれない。
株主がライブドアを訴えると必死こいて息巻いていますが、
ひょっとしたら、ライブドア株、持っていて損はないのかもしれないですね・・・。