特養、個室が4割に 04年、30%増の6万部屋

介護福祉ブログコミュニティ
特養、個室が4割に 04年、30%増の6万部屋

 厚生労働省が29日発表した2004年介護サービス施設・事業所調査結果で、特別養護老人ホーム(特養)の個室が前年に比べ30%増の約6万部屋になり、全体の41%を占めていることが分かった。定員5人以上の大部屋は15%減少した。
 他の介護施設の個室は、老人保健施設が17%増えたが、療養型医療施設は2%増とほぼ横ばいだった。
 調査は昨年10月、全国すべての介護保険施設や居宅サービス事業所を対象に実施した。
 一方、昨年9月30日時点の訪問介護の内容は「清掃」が59%で最も多く、「調理」が40%、「買い物」が25%で、家事援助の利用が目立つ。要介護度の高い人の利用が多い「食事介助」や「排せつ介助」はそれぞれ9%と19%だった。

ということで、厚生労働省による調査結果が出ています。
詳しく知りたい方は下記リンクを。
平成16年介護サービス施設・事業所調査結果の概況

なかなか見ていると面白いもので、けっこうな暇つぶしになりそうですね。

3.訪問介護利用者の状況など、
ホームヘルプに携わる方には見ごたえあるのではないでしょうか。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です