介護施設内で84歳女性に暴行、殺害…男性職員を逮捕

介護福祉ブログコミュニティ

エエッ!!Σ(´ロ`;)

介護施設内で84歳女性に暴行、殺害…男性職員を逮捕

▼ 引用 ▼ 

石川県警津幡署は12日、
同県津幡町緑が丘、介護施設職員松田優容疑者(28)を殺人の疑いで逮捕した。

調べによると、松田容疑者は11日夜から12日朝にかけて、
勤務する同県かほく市中沼の介護施設「グループホームたかまつ」で、
入所者の高山喜美子さん(84)に暴行を加え、殺害した疑い。

高山さんの顔と腹部にはやけどの跡があり、
同署は、暴行の具体的な内容や動機などを詳しく追及している。

調べに対し、「高山さんを殺した。細かいことは言いたくない」と供述しているという。

松田容疑者は11日夜から1人で泊まり勤務に当たっていた。
ほかの職員が12日朝、
出勤したところ、高山さんが自室ベッドにあおむけで死亡していた。
松田容疑者は浴室で倒れ、近くに睡眠薬の空容器が落ちていた。
職員が声をかけたがもうろうとしており、
同署は、松田容疑者が高山さんに暴行を加えた後、自殺を図ろうとしたとみている。

高山さんの家族によると、
高山さんは認知症=痴呆(ちほう)=のため昨年3月ごろから入所。
家族は「今は何もいえません」とショックを受けた様子だった。

同施設はNPO法人が運営。入所者12人で、職員は14人。

▲ ▲ 

あいた口がふさがりません。。。

で、続報ですが、
施設長の謝罪コメント。

「あってはならない事例をつくってしまった。」
そうなんです。どんなにサービスが糞だろうが、職員が屑だろうか、
どうあろうが「あってはならない」。

グループホームという環境は少人数の利用者を対象にした個別性の高いサービスです。
しかし、ひとつ人間関係に支障をきたすと、その極端に狭い人間関係の中に
逃げ道はないのです。
利用者対利用者、利用者対職員、そして職員対職員でもその危機的状況は存在します。
グループホームという形態のひとつの「闇」の側面です。
この事件がおおきな波紋を投げかけることになるのかもしれません。

ちなみに、グループホームは「住居」なので、介護施設ではありません。厳密に言うと。

この記事はヘルパータウンにもエントリーしています。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です