“介護保険の拡大”先送り規定を了承…自民・公明

介護福祉ブログコミュニティ

次のワールドカップ予選の年ですね。

“介護保険の拡大”先送り規定を了承…自民・公明

▼ 引用 ▼ 

自民、公明両党は3日、それぞれ厚生労働部会を開き、
介護保険の保険料負担者とサービス受給者の範囲拡大について、
今国会に提出される介護保険法改正案の付則に、
「社会保障制度の一体的な見直しと併せて検討し、その結果に基づいて、
2009年度をめどに所要の措置を講じる」
との検討規定を設けることを了承した。

社会保障制度の一体的見直しは、政府の基本方針で、
2006年度中をめどに結論を得るとされており、
結論を2年間先送りした格好だ。

▲ ▲ Yomiuri-OnLine より

2009年ということで、かなり先延ばしになった気がしますね。
十分な準備期間を持つべきというのは、
ようやく支援費制度の失敗が生かされたのではないでしょうか。

教育に関しても、ゆとり教育の見直しが発表されたり、
教育や福祉といった重要な部分で
国の方針がころころ揺らぐというのはどうしたことでしょうね。
目新しい物好きなんですかね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です