紙おむつ使用 7年で3倍 日衛連

介護福祉ブログコミュニティ

紙おむつメーカーはほくほく顔。

紙おむつ使用 7年で3倍 日衛連

▼ 引用 ▼ 

布信仰の強かった特別養護老人ホームでも紙おむつのみの使用が
七年で三倍になっていることが
紙おむつなどの業界団体日本衛生材料工業連合会が
十七日発表した使用実態調査で分かった。
特養ホームの四〇%が紙おむつだけを使っており紙・布併用に迫る勢いだ。

「介護施設におけるおむつの使用実態調査」は九七年に続き二回目。
紙おむつの使用状況や使用後の処分の実態を把握する目的で、
昨年八月から十二月にかけて
全国の特養二四〇〇、老健一六〇〇施設を対象に行った
(有効回答特養三一六、老健一五一施設)。

紙おむつは特養、老健の九九%が使用している。
このうち特養では紙おむつのみが三九・四%、
紙・布おむつ併用が五九・三%、布おむつのみは一・三%だった。

▲ ▲ シルバー新報 より

妊婦さんが未使用のアテントのにおいをかぐと
吐き気がするそうですが、本当でしょうか。

特養等施設では
オムツ外しなどオムツに依存しない介護を目指しているところも多いと思いますが、
この結果を
「オムツへの依存度の高さ」ととらえるか、
「紙おむつの性能と信頼性の向上」ととらえるのか。

ところで、紙おむつって産業廃棄物ですよね。普通。。。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です