介護保険サービス提供責任者の半数「業務に専念できない」…連合総研調査

介護福祉ブログコミュニティ

サービス提供責任者の専門性とは。

介護保険サービス提供責任者の半数「業務に専念できない」…連合総研調査

▼ 引用 ▼

介護保険の訪問介護事業所に配置が義務付けられている
「サービス提供責任者」の半数が責任者の業務に専念できないでいる実態が、
連合総合生活開発研究所(連合総研)の調査で明らかになった。

サービス提供責任者は、
利用者の訪問介護計画の作成や実施状況の把握、
ヘルパーへの技術指導など、現場の管理を主に行う職員。
事業所ごとに、常勤職員の中から事業規模に応じて1人以上選任される。

連合総研が昨年夏に実施したアンケートによると、
有効回答数636人の半数近い311人が、
「責任者の仕事以外に、事業所やサービス提供部門の管理の仕事を兼務している」
と答えた。

また、業務内容の時間配分に関する質問では、
本来業務の割合は23・4%で、
一般のヘルパーと同じ訪問介護業務が27・5%、
管理運営業務が16・9%などだった。

▲ ▲ Yomiuri-Onlie より

みなさんのところはいかがでしょうね。
サービス提供責任者が専門業務である
渉外や指導に専念できる環境というのはそうそうないでしょうね。
確かに、現場をわかっているサービス提供責任者が
勤務シフト作成や実績管理を行ったほうが話は早いわけですしね。

そのあたりをどうフォローしていくかは事業所の管理者の手腕の見せ所ですが。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です