職員発症、入所者より高率 高齢施設のインフルエンザ

介護福祉ブログコミュニティ

予防接種はお済みですか?

職員発症、入所者より高率 高齢施設のインフルエンザ

▼ 引用 ▼ 

老人ホームなど約400の高齢者施設のインフルエンザ発生状況を
流行シーズンに調べたところ、
入所者がかかった施設より、
職員が罹患(りかん)した施設の方が多かったとする調査結果を、
厚生労働省研究班が13日までにまとめた。

入所者より職員の方が予防接種率が低いのが一因とみられる。
職員がかかると施設内流行の引き金になる恐れがあり、
研究班は費用の公費負担など接種率向上対策が必要と指摘。
同省は職員や医療関係者への接種の在り方を検討会で議論する。

研究班の鷲尾昌一・札幌医大助教授によると、
北海道内の老人保健施設や養護老人ホームなど547の高齢者施設にアンケート。
2002年11月-03年3月の間で、
のどの痛みやせき、鼻水、39度以上の発熱などを伴う
インフルエンザ様疾患の発生状況を聞いた。
回答した409施設のうち、
入所者の発症は115施設(約28%)、
看護や介護の職員の発症は149施設(約36%)だった。
また入所者の7割以上が予防接種した施設は約80%だったが、
職員では約62%の施設にとどまり、職員の接種率が10%未満の施設も48あった。

▲ ▲ 河北新報 より

抵抗力が弱い高齢者は罹患した際、
他の基礎疾患との関係で重症化しやすいことから、
危険視されているインフルエンザ。
今年も猛威を振るっております。

ケアにあたる職員の予防接種への意識向上を望みたいですね。

この結果を見て、予防接種の実施率だけしかクローズアップされていませんが、
人ごみに出ることが少なく、社会との接点が少ない施設入所者が
罹患率が低いのは当然といえば当然なのかもしれませんので、
一種の情報操作っぽいとか言いたくなりますが、
マナーとして、インフルエンザの予防接種。
職員を雇用する側にも予防接種への取組強化を期待します。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です