殺虫剤を飲んで無理心中。介護疲れによる悲劇を防ぐために。

介護福祉ブログコミュニティ

「介護に疲れ、夫に殺虫剤」 82歳男性死亡

 7日午前8時40分ごろ、京都府木津川市加茂町大野の無職有田重蔵さん(82)が自宅のベッド上で死亡しているのを、近くに住む長男(61)が見つけて119番通報した。府警木津署によると、有田さんの妻(80)もベッドの横で仰向けに倒れており、妻が書いたとみられる「介護に疲れた。連れて行きます」という内容の遺書が残されていた。妻は病院で治療を受け、命に別条はないという。
 同署によると、有田さん方は2人暮らしで、4年前から脳梗塞(こうそく)などで寝たきりだった有田さんを妻が介護していた。妻は搬送時に「夫に殺虫剤を飲ませ、自分も飲んだ」と話したといい、自宅から液状の殺虫剤が見つかった。同署は、妻が有田さんに殺虫剤を飲ませたうえで、自殺を図ったとみて調べている。

いまだに介護疲れからの殺人や無理心中が後を絶ちません。
介護殺人をめぐる裁判なども多いのですが、
比較的温情による判決が目立っています。
その背景には、社会基盤が未整備だということがあげられていますが、
それがこのまま続けば、介護殺人に対して寛容な社会という印象を与えかねません。
根本的な問題の解決を急がなければいけませんね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です