続発する介護殺人の事件。容疑者擁護は連鎖を生むのか?

介護福祉ブログコミュニティ

「介護に疲れ」母親を絞殺、自首した45歳息子逮捕

 埼玉県警大宮東署は3日、さいたま市見沼区小深作、無職中里武雄容疑者(45)を殺人の疑いで逮捕した。
 調べによると、中里容疑者は2日午前9時35分ごろ、自宅で、同居している母親みちさん(74)の首を後ろからタオルのようなもので絞めて殺害した疑い。
 同署によると、中里容疑者は、みちさん、会社員の兄(48)との3人暮らしで、認知症のみちさんの介護をしていた。みちさんを殺害後、自殺を図ったが死にきれなかったといい、2日夜に帰宅した兄に説得されて同署に自首した。「介護に疲れて殺した」と供述しているという。

介護疲れによる殺人のニュースが続いています。
男兄弟ふたりで母親を介護するというケースだったわけで、家庭での介護の限界だったのでしょうか。
介護疲れによる殺人を、個人だけではなく、社会の責任という側面があるのは事実です。
社会が介護を担うことが介護保険の大きな命題なのですから、改善するべき余地はいくらでもあります。
ただ、こういった殺人事件を容認することとはわけが違います。
紛れもなく殺人であり、しかも自らの母親を殺すという痛ましい事件です。
これ以上、介護殺人の連鎖が続かないことを願います。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です