時給わずか100円台の作業所は搾取にあたるのか?

時給わずか100円台…神戸の障害者施設、改善指導へ

 神戸市内の知的障害者の作業所が、最低賃金法に違反しているなどとして、神戸東労働基準監督署は近く改善指導を行う方針を固めた。
 作業所は一定の条件を満たせば労働関係法規の適用が除外されるが、同署は、作業実態が訓練の範囲を超えた「労働」にあたると判断した。作業所への改善指導は異例。同様の事例はほかにもあるとみられ、厚生労働省は近く、労働者としての保護を徹底するよう、関係施設に通達を出す。
 指導を受けるのは、社会福祉法人「神戸育成会」(小林八郎理事長)と、運営する3作業所。知的障害者計16人が、指導員から指導や援助を受けながら、クリーニングなどを行い、工賃などとして1人あたり年間約25万円を得ている。

この記事に対して、さまざまな批判が飛び交っています。
これが障害を持っている労働者が置かれている現実だということも何も知らないで、搾取だとか人権侵害だ、と。
だったらお前らはいったい今まで何をしてきた?
なかでも、lessorの日記というブログでは、非常に整理されて伝えていると思いますので、ぜひ見ていただければと思います。
このブログ、非常に深いテーマを掘り下げていることも多く、勉強させられることが多いので、よくチェックさせていただいています。

lessorの日記:月額平均7343円

CnetJapanのブログにもこの件に関する記事が掲載されているので、
こちらもぜひご覧ください。