認知症高齢者認定介護従事者?

介護福祉ブログコミュニティ

認知症の専門知識もつ、認定看護師 まず10人誕生へ

 認知症ケアの専門知識や技術をもつ、初めての「認知症高齢者認定看護師」が誕生する。日本看護協会が新設するもので、研修を終えて試験に合格した10人が15日に発表される。毎年、研修を続け、認定看護師を増やす予定だ。
 同協会によると、認知症の患者は診療科にかかわらずいる。だが、看護師は所属する科の知識はあっても、認知症の理解が不十分で、コミュニケーションに戸惑うケースも少なくないという。
 このため、認知症に詳しい看護師を育成しようと、昨年4月から協会の研修学校(東京都清瀬市)で研修を始めた。定員15人に対して全国から19人の応募があった。1年間、基礎知識の講習を受けて実習を終え、5月の認定試験に10人が合格した。今年4月からは2期生が研修中だ。
 認定看護師は、認知症の患者への対応だけでなく、家族のサポートや、退院後に利用する訪問看護ステーションとの連携を調整する役割を担う。同協会は「どんなケアが必要か見極め、医師や介護職といったスタッフ間の橋渡しも期待したい」としている。
 同協会はこれまで、救急や糖尿病など12分野で1700人以上の認定看護師を育成している。「認知症は介護の分野」という見方もあったが、現場のニーズが高まり、認定を始めた。

看護職って、専門分化が進んでいて、
経験を積むことでその道のエキスパートとしてステップアップするシステムが確立されています。
が、認知症ケアに関しては、
確かに医学的な知識も重要になってくるとはいえ、
実践の場面でケアを進めていくのは介護職ではないでしょうか。
介護の分野でも、
認知症ケア専門士がありますが、
まだまだ認知度も低く、受験者数も少ないのが現状です。
この資格の意義は別として、
介護職側が認知症ケアのスペシャリストとして、リーダーシップを発揮していって欲しいですね。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントはまだありません。

  • 認知症の方を全人的に守っていく為には医療と福祉の両方が手を取り合わない限り困難な状況です。リーダーシップは誰がとるというのはどうでもよいことなんじゃない???

  • もちろん、医療職と介護職の双方が
    その専門性を生かしてこそ認知症ケアが成立すると思っています。
    が、そこで援助の中心になるのは
    生活者の視点で支援する介護職であるのが
    自然だし、そうであって欲しいと願うのですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です