介護事業者のランキングが公開される日。

介護福祉ブログコミュニティ

ニュースで見たのですが、
音楽ランキングで有名なオリコンでは、
顧客満足度をもとに、サービス業のランキングを公開しています。
たとえば、エステティックサロンや英会話スクール、結婚情報サービスなど、
目には見えないサービスの質をテーマにしたランキングを作成し、公開しています。
このなかには、人材派遣業者のランキングもあり、
医療・看護・介護で派遣スタッフを起用している企業にとっては
無視できない情報となりそうです。
そして、同様に目で見てサービスの質を判断することの難しいサービス業として、介護があげられます。
介護サービス情報の公表制度により、
事業所の情報を利用する側が閲覧することができるようになりましたが、
何をどう判断すればいいのか、
実際それをサービスを選択する上での判断材料とするには不便であるため、
あまり評判のよろしくない制度となっています。
事業者情報を羅列した情報の公表よりも、
単純明快な顧客満足度をもとにしたランキングの方が、
主観的ではあるにしろ、その情報量が多ければ、はるかに説得力を持つわけです。
介護というサービスが広く認知されていけば、
今回オリコンが発案したようなランキングを介護分野を対象にはじめる業者が出てくることも予想されるのです。
そう考えると、
情報の公表制度って、いったい、何のためだったのでしょう・・・。

介護福祉ブログコミュニティ