児童施設にもユニットケア 家庭的な雰囲気が好評

介護福祉ブログコミュニティ

いま、流行のユニットケア。

児童施設にもユニットケア 家庭的な雰囲気が好評

▼ 引用 ▼
虐待されるなどして親元で暮らせない子どもが生活する
児童養護施設「仙台ラ・サールホーム」(仙台市)が老朽化を機にこのほど、
居間などを中心に、プライバシーに配慮した個室や二人部屋を配置した
複数の「ユニット」方式に建て替えられた。
ユニットケアは少人数が家庭的な雰囲気の中で生活し、
きめ細かなケアができるのが特徴。
介護保険の特別養護老人ホームでは全体の約1割に当たる500施設が
既にユニットケア化を進めている。
児童養護施設が施設全体に取り入れるのはまだ珍しく、
全国の福祉関係者らの視察が相次いでいる。
ラ・サールホームの石井恭一理事長は
「子どもたちも新しい施設を喜んでいる。全国の児童養護施設に広がれば」
と期待している。
▲ ▲ Yahoo!ニュース  より

ちなみに、toto職人の実家は個室がなく、
結婚して実家を出るまで兄弟2人で一部屋でした。
で、結婚してからは夫婦別室の個室ユニット・・・って、んなわけないでしょ。

介護福祉ブログコミュニティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です