ココファンまちだ鶴川で入居者殺人事件。サービス付き高齢者向け住宅に「泥棒が入って・・・」は可能なのか。

サービス付き高齢者向け住宅で何が?ココファンまちだ鶴川で殺人事件?

町田の高齢者住宅で女性が頭から流血し死亡、別室の夫が発見

 21日午前6時10分ごろ、東京都町田市鶴川のサービス付き高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」で、入居者の男性(70)から「泥棒が入って妻が死んでいる」と110番通報があった。警視庁町田署員が駆けつけたところ、1階居室内のベッドの上で、頭から血を流して倒れている入居者の関初枝さん(69)を発見。関さんは頭部に鈍器のようなもので殴られた痕があり、搬送先の病院で死亡が確認された。同署では殺人事件の可能性も視野に、関さんが死亡した経緯を調べている。

 同署によると、夫は同施設内の隣の居室に住んでおり、関さんが朝の犬の散歩に来なかったため部屋を訪れていた。発見当時、玄関ドアは施錠されていたが、中庭に通じる掃き出し窓は無施錠だった。室内はタンスが開けられ、ものが散乱した状態だったという。

 現場は小田急小田原線鶴川駅から北西に2キロほど離れた住宅街。


東京都町田市にあるサービス付き高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」の入居者が何者かに殺害されたとみられる事件が起きました。

閑静な住宅地の中に立っているサービス付き高齢者向け住宅で起こった事件ですが、いくつか気になる点をピックアップしてみました。

介護付き高齢者住宅?介護サービス付き高齢者住宅?大きな誤解が生まれている

いくつかの記事で目にしましたが、
介護付き高齢者住宅」という表現で記載されていることがありました。

サービス付き高齢者向け住宅です。
つまり、介護はついていません。
このサービスは介護サービスではなく、
食事の提供や安否確認や緊急通報などといったサービスであって、
あくまで介護サービスではありません。

サービス付き高齢者向け住宅は介護施設ではなく、あくまで住宅であって、
介護が必要になったときには外部の事業者が提供する介護サービスを利用する
高齢者向けの住宅です。
併設事業所としてヘルパーの事業所やケアマネの事業所が同じ敷地内や近くにある場合があり、
このココファンまちだ鶴川ではケアマネジャー事業所とヘルパー事業所を併設しているようです。
ただ、もちろんヘルパーも必要なければ使うことはありませんし、介護保険のサービス自体利用しない場合もあります。

お二人で犬の散歩をしているということでしたので、
介護サービス自体利用していなかったのかもしれません。

介護施設での殺人事件と思われるニュースがいくつか続いていたので、
そういったものと近い印象を持った方も多いと思います。

介護の問題と一緒にとらえている方もいるかもしれませんが、
今回の件についてはその可能性は薄いのではないでしょうか。

なんで夜間の見回りに誰も来なかったんだ?
おむつ交換に職員が来るはずじゃないのか?
といった疑問を持った方もいるようですが、
そこがサービス付き高齢者向け住宅と介護施設との違いになります。
なので、どちらかというと、団地で起こった事件に近い感覚でとらえた方がいいと思います。

それにしても、70歳と69歳の夫婦がこういった高齢者向け住宅で暮らしているというのはまだ少なく、
暮らしている方の多くは80~90歳台で、介護サービスを利用している方が多いです。
そういった意味では、この住宅の中では目立つご夫婦だったのかもしれません。

泥棒が入った?可能なのか

第一発見者の夫の話では「泥棒が入って・・・」ということでしたが、
果たして本当なのでしょうか。
タンスが荒らされた形跡があるということですが、本当に物取りの犯行だったのでしょうか

泥棒のイメージ

顔に10cmほどの大きな傷などもあるという報道もあり、
恨みのある人間による犯行の可能性が高いと思われます。
また、本人が抵抗した形跡がなかったということで、
顔見知りによる犯行の可能性が高いとみるのが自然ではないでしょうか。

ただ、夫が部屋を出た夜から、夫が入室する朝まで、誰もドアからはこの部屋に入ってはいないことが
防犯カメラの映像から判明しています。
もちろん、職員も訪室していません。

外部からの侵入経路としてはベランダがあるのかもしれませんが、まだ69歳と(高齢者としては)若い被害者は抵抗することもなく、
他の入居者や隣室の夫、職員が気付くような大きな物音もすることはなかった。
土足で入った形跡などもない。

監視カメラに気が付く泥棒イメージ

泥棒はそもそもサービス付き高齢者向け住宅を狙って物取りに入るのでしょうか
もちろん介護施設に比べればまとまった現金や預金通帳やキャッシュカードも置いてある可能性は高いので、
介護施設でないことを理解できているのであれば泥棒に入るという可能性はあるかもしれません。
ただ、監視カメラなどのセキュリティもあり、夜間配置の職員もいる集合住宅に泥棒に入るというのは考えにくいのではないでしょうか。
となると、外部から侵入した泥棒による犯行という線はかなり薄くなります

第一発見者である一番身近な人物に疑惑が及ぶことが予想されますが、だとしたら動機はなんだったのでしょうか
夫婦部屋に空室があるのに別々の部屋に入居していますので、
まぁこういったケースもなくはないのですが、何らかの理由があったのかもしれません。

ココファンってなに?

学研ココファンロゴ
ココファンは学習教材で有名な学研による高齢者住宅です。

藤沢SSTなど、サービス付き高齢者向け住宅と医療機関や施設や分譲住宅とコラボレーションした街づくりなどにも参画しており、
サービス付き高齢者向け住宅としても非常に注目を集めています。

ココファンのホームページでは今回の報道についてのコメントも掲載しています

報道されている事案について

9月21日、弊社が運営するサービス付き高齢者向け住宅「ココファンまちだ鶴川」にてご入居者の方1名がお亡くなりになるという大変痛ましい事件がございました。

被害にあわれたご本人様、ご家族の皆さまに心よりお悔やみ申し上げます。
また、弊社の高齢者住宅にお住まいのご入居者ならびにご家族の皆様、地域の皆様に多大なるご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。

弊社としましては、現在行われている警察の捜査に全面協力をする所存でございます。
今後ともご入居者の皆様の安心と安全な暮らしをお届けするために、精一杯誠意をつくし尽力してまいります。

株式会社学研ココファン
代表取締役社長 五郎丸徹

こういった対応はさすがに早いですね。
ってか、代表の方、名前は五郎丸さんなんですね。

ちなみに、小田急線沿いにはココファンがたくさんあります。
町田に鶴川に柿生に座間と・・・。
神奈川県内に51件の住宅・施設があります。
全国的に数が多いというわけではないと思いますが、
小田急線沿いも含め、藤沢とか茅ケ崎とかの西湘エリアとか、
結構エリアに集中的に構えているようですね。

捜査の進展なども注目されますが、
こういった事件があったからといって過剰なセキュリティをすることは
かえってサービス付き高齢者向け住宅のもつ自由さを失う可能性もあります

まずは今後の報道に注目していきたいですね。

ツイッターでの反応は?

追記

いまだに事件には多くの謎があります。

いくつか分かったこととして、これらの情報が報道されています。

・被害者は在宅酸素を使用していたということ
・ドアの鍵はかかっていたが窓の鍵は開いていた
・土足で侵入した形跡はない
・髪の毛に数ミリのネジがみつかっている
・室内は物色されていたが貴金属や財布・携帯電話・部屋の鍵などは残されていた
・血痕はあるが指紋は採取されず

http://news.livedoor.com/article/detail/15351254/