介護老人保健施設「それいゆ」での連続不審死。退職した男性職員の関与?

介護老人保健施設それいゆでの連続不審死事件?

岐阜・高山の介護施設で相次いで3人死亡 8月、脳挫傷、あばら骨が肺に刺さる…けが2人も

 岐阜県高山市の介護老人保健施設「それいゆ」に入所していた高齢の男女3人が7月末から相次いで死亡していたことが18日、分かった。別の入所者2人もけがをしているといい、県は17、18両日に介護保険法などに基づき立ち入り調査を実施した。県警は事件、事故の両面で施設関係者らから事情を聴くなどして調べている。

 施設などによると、7月31日、男性(80)がデイルームで食事中に食べ物を喉に詰まらせて倒れ、運ばれた病院で死亡。

 8月6日には部屋で倒れていた女性(93)が救急搬送され、その後、脳挫傷で死亡した。さらに12日には女性(87)が顔面蒼白になるなど体調が急変して病院に搬送されたが、13日に死亡。病院から通報を受けた県警が司法解剖した結果、死因は折れたあばら骨が肺に刺さるなどする外傷性血気胸だった。

 また別の入所者にもあばら骨の骨折や、胸にあざがあるなどのけがが見つかった。

 ホームページなどによると、「それいゆ」は高山市の医療法人「同仁会」が1997年に設立。定員は100人で、入所者にはリハビリテーションや学習療法などのサービスを提供している。

かなりメディアでも報道されていますが、一度、時系列でまとめてみたいと思います。

  • 7月31日:男性(80歳) デイルームで食事中に食べ物を詰まらせて倒れ、搬送先の病院で死亡。
  • 8月 6日:女性(93歳) 部屋に倒れており、頭がい骨骨折・脳挫傷と判明。搬送先の病院で死亡。
  • 8月12日:女性(87歳) 顔面蒼白、胸骨骨折による外傷性血気胸と判明。搬送先の病院で翌日死亡。
  • 8月15日:女性(91歳) 肋骨骨折など、入院。
  • 8月16日:女性(93歳) 肺挫傷、入院。

これだけ短期間で死亡3例を含む重大事故が続くというのはないでしょう。
川崎のSアミーユで起きた連続殺人事件の記憶も新しいかと思いますが、
およそ二か月間で3件の連続殺人事件でした。

ミステリー?連続殺人?有料老人ホームSアミーユ川崎幸町で入所者三人が転落死。

今回起こっているのはわずか半月の間に死亡3件を含む5件です。

事件の発表後、この事件を連想させる「男性職員」関与の可能性が報道がされています。

人為的な可能性。30代男性職員による連続殺人事件という噂。

5人死傷、介護施設側 人為的可能性認める

 しかし、折茂理事長は「(Q入浴中にヒビが入ったことは?)今までありません」とした上で、「意図的なものに対して、100%否定する根拠がないです」などと述べ、原因が人為的である可能性を認めた。

 5人は全員、施設の2階で生活していたが、5人全員の介護に30代の男性介護職員が関わっていたという。折茂理事長は男性職員について、「(Q本人は普通に仕事している?)特別暴言を吐いたり、乱暴なことをするとか、目立った行為はありません」と話している。

岐阜・介護施設 3週間で3人連続死2人ケガ 全員担当した職員が退職

 県は、施設から死亡者が相次いでいるなどと報告を受け、17、18両日に介護保険法などに基づき立ち入り調査を実施。県警は施設関係者らから経緯について事情を聴き、調べを進めている。死傷した5人全員の介助に関わっていた30代の男性職員が施設の要請で17日に退職していたことも分かった。

 同仁会の折茂理事長は「特定の人が関わっているとしたら非常な問題だが、断定も否定もできない」などと話した。

川崎のSアミーユでの連続殺人事件は23歳の男性職員が行った犯行でした。
これも男性職員の犯行であるという噂も大きくなっており、
その職員は施設からの要請で退職しているということでした。

ツイッター上ではこのようなコメントも。

すでに削除されていますが、
このようなツイートも。

(聞いた話やけど)高山市の介護施設での事件、既に今日付けで解雇になった職員(以下A)がおり、Aは5名の被害者の事故当時に勤務していたそうな。それいゆに勤める前の職場でも問題行動が目立ち夜勤ローテから外されていて、今回の事件でも内々では「たぶんAだろう」と噂があったとか。

かねてから問題のあった職員だったのではないかとみられています。
この男性職員の関与があったのかどうか。
施設側はこの男性職員に退職を迫り、現在は退職しているとのことですが、
余計にあやしいと感じられます。

施設側の責任は

職員の関与があったかどうか、いずれにしても施設側の責任も追及されていくでしょう。
最初の窒息の件については、報道されている限り、外傷によるものではなく、
事件性がなくても起こりうるものだと思われます。
もちろん、高齢者施設である以上、こういったリスクはありうるものではあります。
ただ、その発生状況や職員の対応によっては裁判になり、施設側の責任が問われます

それ以降の4件はいずれも外傷をともなうものです。
少なくとも、同じフロアでこれだけの短期間に起こった4件の外傷、これらには何らかの関連性があると思われます。

施設側はこのようにコメントをしています。

介護老人保健施設の入所者、半月で5人死傷、なぜ? 理事長「五里霧中」

 5人はいずれも施設2階の認知症の専門棟の入所者だった。施設を運営する医療法人の折茂謙一理事長は18日の会見で、5人の死傷のうち、8月の女性4人の事案について「事故か意図的のどちらか。五里霧中の状態です」と説明した。一方で、7月末に食事中にのどを詰まらせて死亡した男性(80)については「病気と思っている」と述べた。

とコメントしていますが、原因の追究と説明責任も求められます。

有料老人ホームの次は介護老人保健施設か、というように、
介護施設への世間の目も厳しくなっております。

真相を明らかにするだけでなく、
もし、男性職員の意図的な関与があるのだとしたら、
それを防ぐための何らかの対策も求められるのではないでしょうか。